スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフラインが切れた生活

04 22, 2011 | Posted in その他

0 Comments
水

いわき市のすぐ下の北茨城市に親戚が住んでいる。
県境、いわき市まで歩いて10分あれば入れる位置。
私には小さいころに会ったきりの同い年のいとこがいて、彼はいわき市で中学校の先生をしている。
その中学校にも津波は到達したが、生徒や先生たちには直接的被害はなかったものの学校は校舎の中も校庭も津波が運んで来た泥だらけで臭いを放ち、学校はしばらく臨時休校になり教員全員で清掃をしていたらしい。
ギリギリ30km圏外らしいが、30kmの内側と外側のほんの数キロの違い、どれだけ『安全』に差があるのだろう?

彼は両親(私のおじさん、おばさん)と奥さんと子供と3世帯で一緒に暮らしている。
ライフラインが切れ、ガソリンも底をつき、水も全く手に入らなくなって目の前に流れている川の水を汲んで来て湧かして使っていたそうだ。
現代の日本で、しかも汚染されているかもしれない川の水を料理に使い、喉の乾きも癒さなければならない状態。

私はこの話を数日前に電話で母から聞いた。
このおじさんには昔からいろいろと問題があり、私は小さい頃(小さい頃の私はとても臆病で恐がりだった)からとてもその親戚を苦手としていたので、母は最近水の話題を私と話すまで習慣的にそれを話していなかったらしい。
被災者を少しでも助ける力になりたいと、募金や自分が参加できるチャリティイベントに参加させてもらったりしているけれど、見ず知らずの被災者の為には動きたくて仕方ないのに、実際自分と微妙な位置関係でやってきた親戚のために動く事にためらいを感じている事にうしろめたさを禁じえない。

かなり微妙だ。


スポンサーサイト

« CREATORS FOR JAPAN-クリエイターによる震災チャリティイベント Bakesale at San Mateo Adult School  »

- Comments
0 Comments
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

Y's Studio/geropppppa

Author:Y's Studio/geropppppa
難病と言われる病を抱えつつ
日々つらつらと料理+制作活動を中心に暮らすSan Francisco Bay Area。
日本での生業はグラフィックデザイナー。裏の顔は彫金師。アロマテラピスト。
ブログの更新はゆっくり&時系列ズレズレな場合多し。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブロとも一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。