スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合鴨肉はどこにある!?

02 14, 2012 | Posted in 家ゴハン

4 Comments
鴨は英語でDuck
アヒルも英語でDuck
じゃあ合鴨は???
コレが更に私の合鴨探索を迷宮にいざない続けている大問題。
「あそこにあるんじゃない?」という話を聞きネットでも調べ、行ってみたけど大抵思うモノは無かった。

日本では鴨といえば合鴨の胸肉がよく食べられていて、都内で暮らしていれば胸肉を手に入れるのはそれほど難しくない上、台湾産のものが手頃な値段で簡単に手に入った

今まで見つけたのはイーストベイのBerkeley Bowl Westの精肉コーナーとDreagersで冷凍コーナー。
胸肉は$40以上でしかも冷凍。
生の鴨レッグはあったけど滅多に売れないのか肉コーナーのおばちゃんに「これってどうやって食べられるものなの?」と聞かれた。
Whole Foodsにあるという噂だけどまだ出会っていない。
Costcoに売ってるというネタもネットで拾ったけどウチは会員ではない。
サンフランシスコの中華街にあるガチの丸鳥専門店で見かけた事があるけど、”北京鴨”と書いてあった。

中国系のスーパーでマガモならいつでも置いてるけれど頭と足付なので、購入したらこの部分にキッチンペーパーを被せて出刃包丁をそっとのせて横を向き、直視しないで体重をソリャッとかけて切り落とし、そのままキッチンペーパーで包んでその部分にお引き取りいただいてから捌いていた。
どうしてもあの頭と足がついてるだけで死体感満点になってしまうのでコワイ。
とくに目をつぶったハダカの顔の悲しげな感じがこれから捌くことにためらいを与えてくれる。
パックされて普通のアメリカンなスーパーにもマガモは置いている。やはり冷凍。
1羽$10前後。(安っ!)
普通のアメリカンなスーパーで売ってるパンパンにパックされてるパックから出すと、頭と足は切り取られていてそれだけで死体ではなく肉という感じがするのがフシギ。


胸にはペースメーカーまで…いえ、丸ごと焼いたときにコレがピコーンと立ち上がると中まで焼けたサインのマーカーらしいけど、パックのどこにもそれについて詳しい説明書きが無いのはアメリカ人にとっておなじみのパーツ?
P1050235.jpg



お腹の中にはかなり適当に紙に包まれたレバーとソースのパック。
P1050237.jpg
丸ごと焼いたらこれでソース作ってね親切設計。使った事ないけど。丸ごと焼かないし。



パーツ別に使いたいのでブッチャー的解体作業。
この丸鶏解体は鼻が良過ぎる私にはニオイがかなり来るのでできるだけあっと言う間に終わらせたい所。
胸肉/モモ肉/手羽/ガラ/クビ・ボンジリ・ガラ・皮・脂…自分で捌くとササミやフランス人の好きなソリレスがどこにあるかよく解る。とくにそこだけ取り分けてないんだけど。
P1050249.jpg



アメリカで肉を買うと日本の精肉技術の丁寧さを実感する。
余計な脂を取り除き、切り口も均一できれいな日本の鶏肉を目指す。もちろん皮付きで。
こちらは骨を外したモモ肉は皮無しが一般的なんだけど、皮にうまみがあると思っている私としては「パサつくし焼いてから剥がせばいいのに」とよく思う。
脂部分の除去は曖昧なんだからそんなにトリ皮を憎まずに愛でてやって欲しい。


胸肉は鴨のロースト、モモ肉はコンフィ用に、ガラはスープ、手羽やくず肉部分はリエットに。
1羽の鴨からいろいろ変身できる。
でもやはり合鴨が良い。
マガモはどうしても野性的なニオイが合鴨より強いので和の料理にはクセが出てしまうから。
日本でアメリカから輸入しているCherry Vallay Duckという合鴨が結構ポピュラーらしいんだけど、これも「アメリカにいて見つけられないアメリカ商品」のひとつ。

どなたかサンフランシスコ界隈で日本で食べられているような『合鴨』を売ってる店を知っている人がいたら是非おしえてくださいませ。できれば冷凍ナシ&パーツだと尚嬉し。



◎オマケのもも
P1040832.jpg
留守中預かってもらってたとき。
自分のウチのようにさっさとここに鎮座。まるで鏡餅。

スポンサーサイト

« バレンタインだしね こんなところに巨大な龍 »

- Comments
4 Comments
ぶちょぉ
02 14, 2012
URL [ edit ]
むぉぉ・・・ダック解体ショー!!
もしかしてバレンタインのごちそうかしら?手が込んでるなぁ♫

鏡餅ももちゃん、香箱座り w
geropppppa
02 15, 2012
URL [ edit ]
>ブチョサン
少し前に解体して、パーツごとに徐々に料理してバレンタイン前に食べ切っちゃった。
チョコレートムースのケーキだけ寝ぼけて夜中に作って、今日は外ゴハンでした。

ももは寝てる/ゴロ寝/食べてるしかないのでなかなか面白い写真が無いわ~。
niko
02 15, 2012
URL [ edit ]
モモちゃん可愛い~。こうしてるとまるでオブジェみたいで、ずっと飾っておきたい気も(おい)

やっぱり丸焼文化の土地で、日本的なお肉を探すのは至難なんですね~。
お腹の中にソースパックを詰められちゃうなんて、まさか鴨も思ってもいなかったに違いない。
いいお肉が見つかりますよーに(-人-)
geropppppa
02 15, 2012
URL [ edit ]
>nikoさん
何度か預かってもらっているお宅が引越した先に連れて行ったら、「このクッションももちゃんのだよっ」って慣れた顔してさっさと乗っかってました。

薄切り肉も無いので自分でブロックを買ってスライスし、牛タンは1本丸ごと皮付きで買ってきたのを捌きます。
日系スーパーに行けばスライスはあるけど値段が違うんですよね。
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
- Trackbacks
0 Trackbacks


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

RSS
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

Y's Studio/geropppppa

Author:Y's Studio/geropppppa
難病と言われる病を抱えつつ
日々つらつらと料理+制作活動を中心に暮らすSan Francisco Bay Area。
日本での生業はグラフィックデザイナー。裏の顔は彫金師。アロマテラピスト。
ブログの更新はゆっくり&時系列ズレズレな場合多し。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブロとも一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。