スポンサーサイト

-- --, -- | Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合鴨肉はどこにある!?

02 14, 2012 | Posted in 家ゴハン

4 Comments
鴨は英語でDuck
アヒルも英語でDuck
じゃあ合鴨は???
コレが更に私の合鴨探索を迷宮にいざない続けている大問題。
「あそこにあるんじゃない?」という話を聞きネットでも調べ、行ってみたけど大抵思うモノは無かった。

日本では鴨といえば合鴨の胸肉がよく食べられていて、都内で暮らしていれば胸肉を手に入れるのはそれほど難しくない上、台湾産のものが手頃な値段で簡単に手に入った

今まで見つけたのはイーストベイのBerkeley Bowl Westの精肉コーナーとDreagersで冷凍コーナー。
胸肉は$40以上でしかも冷凍。
生の鴨レッグはあったけど滅多に売れないのか肉コーナーのおばちゃんに「これってどうやって食べられるものなの?」と聞かれた。
Whole Foodsにあるという噂だけどまだ出会っていない。
Costcoに売ってるというネタもネットで拾ったけどウチは会員ではない。
サンフランシスコの中華街にあるガチの丸鳥専門店で見かけた事があるけど、”北京鴨”と書いてあった。

中国系のスーパーでマガモならいつでも置いてるけれど頭と足付なので、購入したらこの部分にキッチンペーパーを被せて出刃包丁をそっとのせて横を向き、直視しないで体重をソリャッとかけて切り落とし、そのままキッチンペーパーで包んでその部分にお引き取りいただいてから捌いていた。
どうしてもあの頭と足がついてるだけで死体感満点になってしまうのでコワイ。
とくに目をつぶったハダカの顔の悲しげな感じがこれから捌くことにためらいを与えてくれる。
パックされて普通のアメリカンなスーパーにもマガモは置いている。やはり冷凍。
1羽$10前後。(安っ!)
普通のアメリカンなスーパーで売ってるパンパンにパックされてるパックから出すと、頭と足は切り取られていてそれだけで死体ではなく肉という感じがするのがフシギ。


胸にはペースメーカーまで…いえ、丸ごと焼いたときにコレがピコーンと立ち上がると中まで焼けたサインのマーカーらしいけど、パックのどこにもそれについて詳しい説明書きが無いのはアメリカ人にとっておなじみのパーツ?
P1050235.jpg



お腹の中にはかなり適当に紙に包まれたレバーとソースのパック。
P1050237.jpg
丸ごと焼いたらこれでソース作ってね親切設計。使った事ないけど。丸ごと焼かないし。



パーツ別に使いたいのでブッチャー的解体作業。
この丸鶏解体は鼻が良過ぎる私にはニオイがかなり来るのでできるだけあっと言う間に終わらせたい所。
胸肉/モモ肉/手羽/ガラ/クビ・ボンジリ・ガラ・皮・脂…自分で捌くとササミやフランス人の好きなソリレスがどこにあるかよく解る。とくにそこだけ取り分けてないんだけど。
P1050249.jpg



アメリカで肉を買うと日本の精肉技術の丁寧さを実感する。
余計な脂を取り除き、切り口も均一できれいな日本の鶏肉を目指す。もちろん皮付きで。
こちらは骨を外したモモ肉は皮無しが一般的なんだけど、皮にうまみがあると思っている私としては「パサつくし焼いてから剥がせばいいのに」とよく思う。
脂部分の除去は曖昧なんだからそんなにトリ皮を憎まずに愛でてやって欲しい。


胸肉は鴨のロースト、モモ肉はコンフィ用に、ガラはスープ、手羽やくず肉部分はリエットに。
1羽の鴨からいろいろ変身できる。
でもやはり合鴨が良い。
マガモはどうしても野性的なニオイが合鴨より強いので和の料理にはクセが出てしまうから。
日本でアメリカから輸入しているCherry Vallay Duckという合鴨が結構ポピュラーらしいんだけど、これも「アメリカにいて見つけられないアメリカ商品」のひとつ。

どなたかサンフランシスコ界隈で日本で食べられているような『合鴨』を売ってる店を知っている人がいたら是非おしえてくださいませ。できれば冷凍ナシ&パーツだと尚嬉し。



◎オマケのもも
P1040832.jpg
留守中預かってもらってたとき。
自分のウチのようにさっさとここに鎮座。まるで鏡餅。

こんなところに巨大な龍

02 12, 2012 | Posted in おでかけ

6 Comments
シティホールの前広場に、こんなモノが登場しております。
P1050558.jpg

でっかい龍の船であります。
中国人移民がとても多く住んでいる街だけに、旧正月にはダウンタウンで大きな旧正月パレードも毎年やっています。(また今年も行かなかった)
旧正月で今年の干支が龍だからだと思うけど、もしネズミ年だったらどうなってたんだろうと思うと結構怖いです。


◎オマケのもも
P1050306.jpg

少しだけ線状の日影に入りながら、湯気があがりそうにホカホカになって寝ております。

寒い雨期なハズなのに、ナニーニャ現象で雨が殆ど降らないだけでなく日本にいる方には申し訳ない位とんでもなく暖かいです。
桜も満開。
ウチの前の桜は既に散り始めております。


ハッピーな写真。

01 25, 2012 | Posted in その他

2 Comments
相変わらず油断すると全然更新致してないワタクシであります。

「ちゃんと生きてるよ~」の挨拶がてら、友達から回って来た写真がとんでもなくハッピーな写真だったのでアップ。
happysmile.jpg




◎オマケのもも
これでも笑ってます。・・・たぶん。
IMG_1789.jpg




あけましておめでとうございます。

01 04, 2012 | Posted in 家ゴハン | Thema グルメ » 和食

10 Comments
あけましておめでとうございます。
既に年が明けて4日も経っておりますが。
昨年は厳しい病気の中、相方をはじめ支えてくださった方々のおかげで治療に繋がる素晴らしい出会いがあったおかげで、病状も1年前と比べ少し安定の方向に進み、今年はより元気になって支えて頂いている方に返せる年にしたいと思っております。
完治は難しい病気ですが、全く何の手の施しようも無かったときより少し希望が見えたことで今年は苦しい止まったままだった2年間から僅かながら抜け出せそうな気配がしますので、どうぞよろしくお願いします。


去年のクリスマスは酷い発作に見舞われて数日殆ど身動き取れませんでしたが、年末はなんとか頑張っておせち作りもできました。
一の重、二の重、三の重のならわしは全く無視ですが、カマボコ以外は全て作りました。
おせちって作ったあと詰めるバランスが結構頭を悩ませ、首をかしげながら友達の家の分とウチのと詰めこみ作業。
去年より品数盛ってみた???
2011年のおせち



2012年おせち
IMG_7353.jpg

IMG_7357.jpg
・牡蛎のオイル漬け
・翁海老
・アサリのしぐれ煮
・薄切り豚入り昆布巻き
・ホタテのスモーク
・アワビの酒蒸し
(銘々皿に取ったモノとお重の内容がちょっとズレてます)

IMG_7354.jpg

IMG_7358.jpg
・紅白なます
・カシューナッツとくるみ入りごまめ
・大根のなますとサーモンの重ね巻き
・伊達巻き
・栗きんとん
・黒豆

IMG_7355.jpg

IMG_7359.jpg
・紅白カマボコ
・鶏の肉団子
・鶏のごぼう巻き
・味付け数の子
・鴨ロース


・アンキモ
IMG_7349.jpg
日本のような鮮度とは行かなかったけど生のあん肝がこちらで手に入るとは思わなかった!


・筑前煮
IMG_7356.jpg
いじりすぎて煮崩れまくり 梅に飾り切りしたニンジンはどこだ?


・お雑煮
IMG_7361.jpg
千葉の『はばのり』を上に散らして
昔々は庶民の食べ物だったらしい『はばのり』ですが、今では『美味しんぼ』にも出てる高級食材で海苔と同じ大きさ5枚入りで2500円以上は当たり前。
そして私が子供の頃と比べるとすっごく薄くなりました。
『はばのり』はよく炙りカラカラに乾かして手でバリバリと砕いて鰹節と混ぜて使うのが通常なんですが、私が子供の頃は分厚かったので手の平に突き刺さってものすごく痛かった!今は薄いので簡単に砕けてしまいます。


・ラズベリームース
IMG_7364.jpg
元旦にお客さんに頂いたデザート
ここのケーキはフルーツを使った軽めの物もたくさんあり、味もデザインも日本人好みの美味しいケーキが多いです。
ラズベリーをベースにしたレイヤームースケーキを私もよく作るので頑張って作らないでよかった!
1月1日からケーキ屋さんがやってるってやっぱり外国だ。
Bijan Bakery & Cafe



大晦日は
・天ぷら山盛り&茶そば
IMG_7330.jpg
相方は「ウチの実家はあったかいそばだったけど、冷たいそば食べるんだ」としきりに(ちょっと不満気??)に言ってたんですが、単に私がざるそばの方が天ぷらとの食べ合わせが好きなだけです。
何度やっても揚げ物は難しい。ガスじゃないのもその問題のひとつで電気は火加減が難しい。
シンプルな料理程その腕が問われる料理のひとつですね。



◎オマケのもも
IMG_7345.jpg
お正月から目やにつけたまんまですんましぇん。
相方がお正月だから少し贅沢にと日本で買って来たおやつのカツオをゴハンの上にベロンと丸ごと乗っけたので、食べたいけど下のゴハンに届かず上のおやつも大きくて食べられない舌なめずりのもも。
おやつだから、おやつタイムに小さく切ってコミュニケーションしながら食べさせてあげてください。


鯛茶漬け In Ginza

12 28, 2011 | Posted in 日本にて

2 Comments
日本に帰国した時のおはなし


割烹・懐石料理店『銀座・あさみ』
本当は別に目当ての店があったんだけど、色々予定の変更があったりして帰国前に予約できず、帰国してから電話したら年末(2ヶ月先)まで予約がいっぱい。
片っ端から急遽ランチに予約が入れられた唯一の1店『銀座・あさみ』。
最初は
「11:45に入ってもらって、12時前に出てもらえれば」
と言われ
「食べるのがとてもゆっくりだし、その時間じゃ全然味わえないかなぁ」
とつぶやいたら、1:30だったらと言われた。
じゃあ最初から1:30で良かったんじゃなかろうかとも思いつつ、取りあえず予約完了。



そこまで予約がいっぱいな理由は名物
『鯛茶漬け』
P1050050.jpg

厚めの刺身を注文毎に造り、生わさびをおろし
オリジナルの作りたてゴマだれをかけてある。

P1050051.jpg

おひたしやお漬け物
鯛茶-副菜

それを白い御飯にのせてまずは一口。
めっちゃうまっ!
半分お刺身を御飯と食べた所で、刺身とゴマだれを全部御飯に盛り上げるようにのせて、刺身に直にかからないように熱い煎茶をかけてお茶漬けに。
これも又めっちゃうまっ!
お刺身に直にお茶をかけずにお茶漬けにすると、よく熱の通った煮えた鯛とミディアムレアの鯛を楽しめる。

御飯はおかわり自由なので1杯目はお刺身、2杯目でお茶漬けでも良いし、全部お刺身でも全部お茶漬けでもお好みで。
私はどちかと言えば<お刺身8:2お茶漬け>位が好きです。
有名店は何店もあり、店により大分味わいが違います。

この日のデザートはぜんざい。
和菓子が苦手な私的にはかなり重かった。
柚子のアイスとかだったら鯛の繊細な味をこわす事も良かったのにな~なんて思ったりして。


今度帰国する際は、絶対に先回り予約して「あの店の鯛茶漬け」を食べるぞっ、まだアメリカに帰って来たばっかりだけどっ。



銀座・あさみ
あさみ入口
東京都中央区銀座8-16-6 ときわぎ館 1F
03-5565-1606
(新橋、汐留、築地市場のどの駅からも10分前後)





◎オマケのもも
IMG_1375.jpg
「この中になんかおるねん!絶対におるねん!!」
暖房の吹き出し口に向かって文句を言っている。(前の前の家にて)





アメリカで初めてだったクリスマスは、上の階の住人のせいで酷いことになり私は発作を起こし倒れ2日間まともな意識も無く最低最悪だった。
2日かけて準備した料理は一口も食べられることもなく捨てられた。
発作直後に倒れたところを抱き抱えてもらい上の部屋の住人のところへ連れて行ってもらい苦情を言ったけど、「救急車喚べば」とか「クリスマスなんだからしょうがないじゃん」という謝罪の一言も一切無い態度。
階下に重病人がいることを随分前から重々知っていながらクリスマスを理由に攻撃をしかけてきたあの行動。
最初から遠慮せずに警察を呼べば良かった。
明らかに悪い事をしておいて謝らないアメリカ人が大嫌いだ。


« Prev Page Next Page »

RSS
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

Y's Studio/geropppppa

Author:Y's Studio/geropppppa
難病と言われる病を抱えつつ
日々つらつらと料理+制作活動を中心に暮らすSan Francisco Bay Area。
日本での生業はグラフィックデザイナー。裏の顔は彫金師。アロマテラピスト。
ブログの更新はゆっくり&時系列ズレズレな場合多し。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブロとも一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。